エコジョーズとエコキュートのハイブリッドの凄さはどこに?

0120-526-222
施工責任者へ直接連絡 090-5789-7356

エコジョーズとエコキュートのハイブリッドの凄さはどこに?

4

 給湯器は主にガスと電気の二つに分かれると思いますが、その双方の利点を活かした「ハイブリッド」の給湯器があるのをご存知ですか?電気の「エコキュート」とガスの「エコジョーズ」の両方のいい所を併せ持った「ハイブリッド」タイプ「ECO ONE」です。

未来のために環境のために長い目で見た家計の節約のために「ハイブリッド」の「ECO ONE」という選択肢も考えてみられてはいかがでしょうか。

「ハイブッリッド」の「ECO ONE」ってどんな給湯器?

「ハイブリッド」と言われてもピンと来ないことが多いかもしれませんが、初期経費は多くかかりますが、長い目で見れば家計にも優しいハイブリッドですので、ぜひご紹介したいと思います。

初期経費としては給湯器代と施工費として当社の45%引きで612,800円(税別)と高額にはなるのですが、これを長く使う事で年間のランニングコストが格安なために割安になっていきます。

どうして割安にできるかと言いますと、電気とガスのいいとこどりをしているからで、例えば、エネルギー効率がいい電気の「エコキュート」をキッチンや洗面、シャワーなどで使用するお湯の場合には活用するシステムです。

また、大量にお湯を必要とするお風呂などの場合はタンクのお湯切れの心配のないガスの「エコジョーズ」で湯量をサポートします。電気の給湯器で一番心配なタンクのお湯がなくなるという心配がガスのエコジョーズを活用することでなくなります。

また、ヒートポンプが長時間稼働していることが減り、省エネそして、家計の節約となります。

従来のガス給湯器と比べて風呂給湯だけで年間68,900円が33,900円に1年間で削減できるようになります。エネルギー効率が2倍程度いいという計算になります。

つまり、10年間使えば初期費用の元手はとり戻すという計算なのです。そして、それと同時に環境にもやさしいエコな給湯器の活用法という事にもなるでしょう。給湯器の寿命が10年程とも言われますので、10年間使うならば経費はほぼ同じになります。

また、お風呂だけでなく給湯全体や浴室暖房や床暖房などにハイブリッドを使うのであればさらに年間のランニングコストは削減できることになります。

5

未来の理想の形、ハイブリッド「ECO ONE」の給湯器

オール電化住宅も最近では増えていますが、電気料金の値上げや停電時や災害時のことを考えたりすると電気だけにしておくことに不安もあります。ハイブリッドにしておけば、停電時には非常用電源(発電機・蓄電池)があるためガスで沸かすことができ、災害時もどちらかで湧かすことができるという安心が得られます。

ハイブリッドにしておけばそんな不安からの解消ともに、電気のエコキュートのタンクのお湯がなくなってしまったなどという心配もなくなります。家族が多かったり、掃除でお湯を使い過ぎたなどということで、急にタンクのお湯がなくなるという心配もなくなるということです。

これからは電気料金も値上がりしたり、不透明な時代になるかもしれません。リフォームの際に先のことを考えてのハイブリッドと言う形は理想のスタイルにもなるのではないでしょうか

板橋区で安くて腕のいい工務店をお探しの方は板橋区リフォームセンターへ

キッチンリフォームやユニットバスリフォーム、節水タイプへのトイレリフォーム、洗面化粧台の交換などの水回りリフォームから、畳やフローリング、クロスの貼替えといった内装リフォーム、断熱・省エネ効果の高い内窓の交換、外壁・屋根、エクステリアのリフォーム、手すりの取付けなどの介護リフォームまで幅広く対応いたします。

とりあえずザックリメール見積り現地調査で詳細見積り

0120-333-333